BlueDawnBlog

撮影日記 今日思ったこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

桜@奈良・滋賀

長谷寺

最近お天気が良くないですね。そんな中、奈良へ行ってきました。
まずは長谷寺。ネットで写真を見て是非行ってみたくて。
アジサイや紅葉の季節には行ったことがありますが春は初めてでした。
一言、素晴らしかったです。上の画像をクリックしてください。
パノラマ画像が表示されます。

長谷寺は谷間に建てられたお寺で目の前に小さな川(初瀬川)が流れています。
画像は川を挟んで対岸の小高い場所から撮影したものです。
お寺の外ですから当然無料。ここだけで十分です(笑)。
というか、せっかく来たのですから勿論拝観して構わないのですが
お寺の敷地だけでなく、是非この場所へも行ってください。感動します。
お天気が今一つだったのが残念です。青空の日に再チャレンジしたいです。
川の西側にある東向き斜面を東側から撮るので撮るなら絶対午前中です。

途中、大野寺のすぐそばを通りましたが後から行くことにして、続いて室生寺へ。
正直、今一つでした。(^^;) 桜があまりありません。
でも石楠花がいっぱいつぼみを付けてました。

さて、低い雲が立ち込めパラパラ降り始めた中、大野時へ移動。

室生寺近郊

せいぜい10分でしょうか。とても近いんですが、着いた頃には結構本格的な雨。
ちょっとカメラを持ち出す気になれない状態だったので車でしばらく待ったのですが
一時間ちょっと待って結局やまず、大野寺は諦めました。

続いて本日のお目当ての一つ、又兵衛桜へ。
お天気はそういう状態ですので決して晴れてはいないのですが
それでも雨は上がってラッキーでした。

翌日は奈良市内へ入り、浮見堂へ。この日もお天気がハッキリしません。
この時点でまだ早かったので、奈良市を離れて信貴山(しぎさん)へ。
前日の長谷寺や室生寺もそうですが山のお寺は平地のお寺とは違って
眺めがいいです。当たり前ですが。(^^;)

奈良市へ戻って鹿と桜の絵を狙いました。
奈良公園付近の駐車場は東大寺も春日大社もそれ以外もほとんどが千円で
京都でも中々ない高い駐車料金設定となっています。
終日同一料金なので長く停める人はいいんですが、
1時間でも千円だと納得できないですよね。
で、発見したのが新公会堂の地下駐車場。
1時間200円、一日最大千円です。お薦めです。

三井寺

さて、奈良から一気に滋賀県大津市へ。目指すは三井寺。
メインは夜桜なので昼間は下見を兼ねてざっと流すつもりでしたが
いやぁ素晴らしかったです。
京都の桜の名所といえば醍醐寺でしょうか。他にも仁和寺・平安神宮・
善峯寺等々たくさんありますし、それぞれにいいところ(特長)がありますので、
優劣は付けたくないのですが、質量共に圧倒されます。
左を見ても右を見ても上を見ても下を見ても桜・桜・桜です。
タイミングが絶妙だったのもあるでしょう。
上の画像なんか「ブ~ワァッ!」って感じでしょう?(^^)
凄まじい花の付き方です。個人的には今年一番の桜でした。

5時からは500円の駐車場も拝観料500円の境内も無料開放されます。
この姿勢も素晴らしいじゃありませんか。
そのせいか、昼より参拝者は多かったです。

というわけで
桜@奈良1(長谷寺9枚・室生寺2枚・又兵衛桜1枚)
桜@奈良2(浮見堂3枚・信貴山6枚・奈良公園3枚)
桜@滋賀1(全て三井寺)
夜桜@滋賀(全て三井寺)
  1. 2006/04/16(日) 23:19:52|
  2. 撮影日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<桜@京都・滋賀 | ホーム | 桜@京都 第一弾>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyri.blog4.fc2.com/tb.php/60-d542f5cc

KYRI

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。